ごぼう茶とは?話題になる理由を考えてみる

gobou

年齢的には50代後半ですが昨今の健康ブームにのって健康茶もいいなと感じるこのごろ、いつものお家ドリンクはもっぱらコーヒーがメイン。
これも健康という面からすれば抗酸化のポリフェノールが豊富で、緑茶や麦茶よりも随分多い、一日の仕事をするには欠かせないカフェインです。

ネットには健康に関する広告とか記事があるので時々チェックしたり読んだり、その内容で興味を持ったのが腸も身体も温めるという根菜のごぼう茶です。

gobou

緑茶や紅茶、ウーロン茶は茶葉ですがこれはごぼうを乾燥したようなスライス、飲んだことがないので日本茶みたいにするのか沸かしながら煎じるのかという健康茶。
美容と健康にいいというなら淹れ方をチェック、検索結果ではお鍋とかやかんで煮出すお茶のようで、野菜のごぼうがあれば天日で干したりして家でも作れるお茶です。

忙しい現代人ならばネットなどで購入、このごぼう茶の美容効果としては野菜の食品ジャンルでも抗酸化のポリフェノールやサポニンが多いというので、飲んでみる価値もありという健康茶。ポリフェノールはコーヒーや紅茶にも多くあり、フルーツや夏野菜にも豊富、抗酸化作用は美肌にもよいのでサイトなどで話題になる様です。

ごぼうは健康効果もありますが連日ごぼう料理というのも飽きますから、ポリフェノールの抗酸化効果や腸内環境をアップする効果としてお茶で飲むとよいでしょう。
ノンカフェインのお茶ですが一部記事内容では、妊婦さんは沢山飲まない様にという説もありますので、日常的に飲むならば医療機関で確認する必要がありますね。

ごぼう茶の副作用!見た目年齢若くなりたいけれど・・・

某テレビ番組に出演されていた、医者の南雲吉則先生の実年齢と見た目年齢の差に衝撃を受け、そのダイエット法を検索してヒットしたのが「ごぼう茶」。

 
konsai

 
南雲先生が12kg減量し、見た目も若くなったという噂のごぼう茶を、実際に作って飲んでみました。

 

ごぼう茶って美味しいの??

作り方は簡単で、スーパーでごぼうを買ってきてよく洗い、皮付きのままササガキにして、10分間ほど乾煎りするだけ。

急須に入れ、好みの濃さになるまで煮出して飲めばOKです。

味はというと・・・

う~ん、ごぼう(笑)。

 
ごぼうがそんなに好きでない人には、飲み続けるのはきびしいかもしれません。
私はカロリーゼロの甘味料を入れて、おいしく飲めました。

 

ごぼう茶の効果は?

3食のご飯ごとに飲んでみましたが、飲み始めて1日目の夜に急におなかが痛くなり、トイレに駆け込む事態に。

びっくりするくらいの下痢になりました。

 
お通じがよくなったといえばそうですが、おなかの中に何も残ってないくらい全部出て、おなかがキリキリしだしたので、2日目に即断念してしまいました。

作り方が悪かったのかと思い、後日市販のごぼう茶を買って飲んでみましたが、やっぱり下痢に(汗)。

 
「順調に減量できた」「お肌の調子がよくなった」という口コミもあるので、ごぼう茶ダイエットは体質に合う人にはいい方法だと思います。

芸能人にも大人気な、ごぼう茶にはこんな効果があった!

最近話題になっているごぼう茶の効果について3つ紹介します!

1.お肌にいい

srimbody

ごぼう茶にはお肌にいいとされている「サポニン」という成分が含まれています。

サポニンは具体的にどんな効果があるのかというと、シミを薄くしたり肌荒れを良くする効果が期待できます。

その他にも「タンニン」という成分が、毛穴をキュッと引き締めて肌の質感をよくしてくれます。

毛穴が開きっぱなしだと汚れも溜まりやすく、黒ずんで見えるのでこのタンニンは女性にとって大きな味方となってくれますね。

 
さらに、ごぼう茶には皮脂が溜まり炎症を起こしてしまう、ニキビや吹き出物にも効果が期待できます。

顔ばかりではなくて、体にも効果が期待できます。汗によってできた湿疹を改善することも期待でき、お肌全般に効果が期待できるのです。

 

2.冷え性

冷え性とは筋肉量が少ないのが原因であると言われており、女性に多いとされています。男性はもともと筋肉量が多いですからね。

それを改善するためには、お風呂で体を温めたり冷房をあまりつけないようにするなど、日常生活で気を使わなければなりません。

しかし、このごぼう茶を飲むだけで改善を期待できます。サポニンが血液の流れを良くしてくれる効果が期待できるからです。

血流がいいと、血液と一緒に熱も体中を巡っていくので、体の中からポカポカしてくる感覚になります。

お風呂や冷房などは外からのアプローチです。それにプラス中からのアプローチとして、ごぼう茶を飲んでみることをオススメします。

 

3.アンチエイジング

最近、アンチエイジングという言葉をよく聞くようになりました。しかし、それは高級な化粧品や美容外科で聞くことが多い傾向にあります。

もっと手軽にアンチエイジングはできないのかと思っているかた、必見です。

 
ごぼう茶を飲むだけで、アンチエイジング効果が期待できます。なぜなら、サポニンとはポリフェノールと同じような効果が期待でき、細胞の衰えを防いでくれる役割があります。

また、ポリフェノールというとワインを想像するかと思いますが、ワインは冷やして飲んだりと体温を下げるという観点からあまり良くありません。

しかし、ごぼう茶なら温かくして飲むことができるので、体を温めながら冷え性を予防しながら細胞を活性化するという一石二鳥なんです。

 
他にも便秘やダイエットなど様々な効果があるごぼう茶、一度試されてみてはいかがですか?

ごぼう茶の効果とは?飲んでみてどうだった?

きんぴらや煮物に、とってもおいしいごぼう。

gobou

この「ごぼう」のお茶が流行っているので、さっそく試してみました♪

ごぼう茶には、ダイエットだけでなくさまざまな美容効果も期待できます。

ごぼうの効果とは??

まずは便秘解消!ごぼうに食物繊維が豊富なのは有名な話ですね。

次に冷え症改善!ごぼうの皮に含まれるサポニンという成分は、血液サラサラ効果があるそうです。血流が良くなることで、末端まで血が行きわたります。

また、このサポニンはポリフェノールに似ているため、細胞の老化を防いでくれます。

そしてもちろんダイエット効果!ここでもサポニンが大活躍します。インスリンに似た働きをし、ブドウ糖が脂肪として蓄積されるのを抑えるそうです。

こんなに素敵なサポニン!でも普段の調理では、ごぼうは皮をむき、あく抜きとして水にさらされてしまうので、ほとんど摂取できていません。

そこで「ごぼう茶」の出番です。

スーパーや薬局でも見かけますが、自宅でも簡単に作れて安いので、手作りしてみました。

ごぼう茶の作り方と飲み方!

tea5

  1. ごぼうを土を落とす程度に洗う
  2. ピーラーでささがきにする
  3. カラカラになるまで天日干しする
  4. フライパンで弱火で乾煎りする

たったこれだけです。冷めたら袋に保存します。

飲むときは、急須にスプーン1杯のごぼう茶を入れ、お湯を注いで5分。少し土臭いので慣れるまでは苦手でしたが、3か月続けました。

まず、お通じはすぐに改善されます。冷え症はもともとないのでわかりません。

そして肝心のダイエット効果ですが・・2キロ減りました。3か月で2キロは緩やかですが、食事制限・運動は一切していなく、食事時のお茶をごぼう茶にしただけなので、良い結果だと思います。

美容にもダイエットにも、おすすめです^^